こんにちわ。かつおです。

今日は、つみたてNISAとバランスファンドは相性がいいんじゃないかという記事です。バランスファンドを使うメリットを考えてみました。

管理人自身は、リスク許容度の高さから株式全振りにしてますけど、子供にはバランスファンドを購入させています。

そのため、子供が成人した時につみたてNISAについて、どうアドバイスすべきかを考える過程で思いついた内容です。

ちなみに、親である私はリスク選好型の投資をしていますが、子供についてはリスク許容度がわからないので、国際分散投資をさせ安定運用させているという状態です。


つみたてNISAをざっくりおさらい


つみたてNISAは、年間40万円までの投資を上限として、投資で発生した利益が最大20年間非課税となるものです。

20年間で800万円まで投資できることになります。買付方法は、積立てによる方法だけで、毎月3万弱の投資額となります。

投資できる金融商品は、金融庁が指定する条件をクリアしたものに限られており、投資信託が主なものです。

ただ、投資対象商品は原則として株式ファンドとなっており、債券単独のファンドは投資可能商品に含まれていません。そのかわり、株式や債券を含むバランスファンドは投資可能な商品として設定されています。

つみたてNISA口座で、使用した枠は一度使うと使いまわしができないです。例えば、売却してしまうと、その購入に使用した金額枠は2度と使用できず、売却したからといっても投資可能枠が復活するわけではありません。


つみたてNISAで悩むこと

投資対象を分散したいというニーズがある時、債券も組入れて自前のポートフォリオで運用したいと思っても、つみたてNISA口座側に債券ファンドがないので悩みます。

ただ、特定口座側で、債券ファンドを買って、つみたてNISA側は株式とする運用をすればとりあえず対処はできそうです。

イメージ的には、
  • つみたてNISA 株式ファンド(日本株式、先進国株式、新興国株式)
  • 特定口座   債券ファンド(日本債券、先進国債券、新興国債券)、その他資産
こんな感じです。

でも、これも悩むところがあって、つみたてNISA枠は目いっぱい使いたいといった時、毎月3万円弱で株式側を購入、さらに特定口座で債券ファンドを追加で買うとなると、毎月の積立額を大きくしないといけないです。

毎月5万とか10万とかを積立にまわせる方であれば、上記のような方式が可能ですが、毎月の積立額をさらに捻出するのは、私にはつらいところです。

さらに悩むのは、つみたてNISA口座と特定口座も含めてリバランスをどうするかです。

あらかじめ決定した資産配分で投資をしていても、資産は上下変動してきますので、比率が崩れてきます。株式比率が上昇したりとかです。

その時、背負っているリスクが変わってきますので、元の比率に戻すため、資産配分をもとに戻すのがリバランスです。

リバランスは、値上がりした資産を売却し値下がりしている資産を買うという方法もあれば、追加で投資をして値下がりしている資産を買うという、ノーセルリバランスがあります。

つみたてNISA枠は一度売却してしまうと、その売却した資産を購入した分の再利用ができませんので基本的には、触りたくないはずです。

そうなると、ノーセルリバランスで追加投資ということになりますけど、追加資金に余力がないとできません。

リバランス時に限り、投資枠の再利用ができるよう制度改定をしてほしいところです。スイッチング制度をぜひとも入れてほしいです。

金融庁さん制度の改善を要望します!




バランスファンドを使うメリット

そこで、バランスファンドのメリットがでてくると思います。毎月の投資額がそれ程大きくできない、分散投資をしたい、リバランスもしたいけどNISA枠に支障がないようにしたいという時に、メリットがあります。

バランスファンドは、ファンドの中であらかじめ決められた資産配分に従って定期的にリバランスをしてくれます。例えば、株式5割、債券5割に投資するバランスファンドがあった場合、常にその比率はファンドの中で維持してくれます。投資家側がすることはないです。

自分にとって納得のゆく資産配分のバランスファンドがあれば、つみたてNISA口座でバランスファンドを使う方が、手間がなく楽ちんですよね。

(自分でカスタマイズする楽しみはなくなっちゃいますけど。)

つみたてNISAでは、コアとしてバランスファンドに投資し、ボーナスとか余力がある時に特定口座側でサテライト的に違うファンドを買ってみるという運用ができそうです。

分散投資を手間をかけずにやりたいという方にはバランスファンドは、良いツールではないでしょうか?コストが高くなりがちとか、中身が見えない等の各種批判については認識のうえ投資する必要はありますが。


選択できるバランスファンドは?

つみたてNISAで選択できるバランスファンドは、金融庁の定義で指定インデックス型の投資信託に分類されているものとしては69本!です(下表参照)。

なお、バランスファンドとして有名な「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、つみたてNISAで購入可能ですが、指定インデックス以外(アクティブ運用投信)として定義されており下表には掲載していません。


似たようなファンドが多くて選べない・・・



「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」で、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は5位に、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは6位にランクインしていました。

この2本は投信ブロガーからの評価が高いようです。eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の純資産残高は222億円(2019/3/8)、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの純資産残高は1,741億円(2019/3/8)で、ともに大きいです。

このあたりの評価を踏まえると、この
eMAXIS Slim バランス8資産とセゾンぐらいが候補になりそうです。ただ、自分自身のリスク許容度に合うかや、腹落ちする資産配分かどうか検討する必要はあります。

いろいろ選べるいい時代になりましたね。


[参考]指定インデックス投資信託(複合資産型)金融庁HPより(2019年3月9日時点)
指定指数の数 ファンド名称 運用会社
内型 2指数 日本株式・Jリートバランスファンド 岡三アセットマネジメント㈱
3指数 東京海上・円資産インデックスバランスファンド 東京海上アセットマネジメント㈱
ニッセイ・インデックスパッケージ(国内・株式/リート/債券) ニッセイアセットマネジメント㈱
海外型 2指数 ドイチェ・ETFバランス・ファンド ドイチェ・アセット・マネジメント㈱
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型) 楽天投信投資顧問㈱
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)      
楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)   
3指数 ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式) ニッセイアセットマネジメント㈱
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 三菱UFJ国際投信㈱
4指数 JP4資産均等バランス JP投信㈱
auスマート・ベーシック(安定) KDDIアセットマネジメント㈱
ダイワ・ライフ・バランス30 大和証券投資信託委託㈱
ダイワ・ライフ・バランス50
ダイワ・ライフ・バランス70
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) ニッセイアセットマネジメント㈱
DCニッセイワールドセレクトファンド(安定型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型)
DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)
三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040(4資産タイプ) 三井住友アセットマネジメント㈱
三井住友・DCターゲットイヤーファンド2045(4資産タイプ)
三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)
三井住友・DC年金バランス50(標準型)
三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)
eMAXIS バランス(4資産均等型) 三菱UFJ国際投信㈱
つみたて4資産均等バランス
5指数 ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート) ニッセイアセットマネジメント㈱
野村インデックスファンド・海外5資産バランス 野村アセットマネジメント㈱
6指数 auスマート・ベーシック(安定成長) KDDIアセットマネジメント㈱
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型) ニッセイアセットマネジメント㈱
世界6資産分散ファンド 野村アセットマネジメント㈱
野村6資産均等バランス
フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2040 フィデリティ投信㈱
フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2050
フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2060
ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド ブラックロック・ジャパン㈱
SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型) 三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱
SMT世界経済インデックス・オープン
SMT世界経済インデックス・オープン(株式シフト型)
SMT 世界経済インデックス・オープン(債券シフト型)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ゴールキーパー) 三菱UFJ国際投信㈱
7指数 ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券) ニッセイアセットマネジメント㈱
野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型 野村アセットマネジメント㈱
8指数 たわらノーロード最適化バランス(安定型) アセットマネジメントOne㈱
たわらノーロード最適化バランス(安定成長型)
たわらノーロード最適化バランス(成長型)
たわらノーロード最適化バランス(積極型)
たわらノーロード最適化バランス(保守型)
たわらノーロードバランス(8資産均等型)
たわらノーロードバランス(堅実型)
たわらノーロードバランス(積極型)
たわらノーロードバランス(標準型)
iFree 8資産バランス 大和証券投資信託委託㈱
8指数 三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド 三井住友アセットマネジメント㈱
SMT8資産インデックスバランス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 三菱UFJ国際投信㈱
eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ディフェンダー)
eMAXIS 最適化バランス(マイ フォワード)
eMAXIS 最適化バランス(マイ ミッドフィルダー)
eMAXIS バランス(8資産均等型)
eMAXIS マイマネージャー 1970s
eMAXIS マイマネージャー 1980s
eMAXIS マイマネージャー 1990s
つみたて8資産均等バランス
Smart-i8資産バランス 安定型 りそなアセットマネジメント㈱
Smart-i8資産バランス 安定成長型 
Smart-i8資産バランス 成長型
つみたてバランスファンド



にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村