こんにちわ。かつおです。

今日は、実験で買ったテーマ型インデックスファンドの「eMAXIS Neo ロボット」と「iFreeNEXT NASDAQ100」の運用状況を報告します。

それと、他のファンドと比較して評価してみました。テーマ型なので、ちょっとは興味をそそられている方も居るのでは?と思い調べました。軽く読み流していただければと思います。


現在の運用状況と成績


管理人は、ものすご~く少額で実験的にこれらのファンドを購入して、経過をモニタリングしてます。あくまでも実験なので、千円とかそんなレベルです。楽天ポイントで、同時期に楽天証券で購入し、放置してあります。

現在の損益率は、以下の通りで両方ともプラスとなっています。NASDAQ100の方が若干成績がいいようです。
ファンド名 評価額 損益率
eMAXIS Neo ロボット 1,091 円 +9.07%
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 455 円 +11.35%


こんなことなら、お小遣い稼ぎ感覚で、短期勝負で100万くらい買っておけばよかったかな~なんて、タラればの妄想したりしてます。

でも、投資信託におけるテーマ型っていうのは、あまり評判がよくないので、変な気を起こさないの方がいいかもしれませんね。


他のファンドと比較してみる

「eMAXIS Neo ロボット」と「iFreeNEXT NASDAQ100」をそれぞれ単体で評価しても、あまり意味はないので、他のファンドと騰落率を比較してみました。

比較対象は、「iFree S&P500インデックス 」とおまけ的に「iFreeNEXT FANG+インデックス 」としました。「iFree S&P500インデックス 」は、有名な海外指数であるS&P500への連動を目指すファンドです。

期間は、「eMAXIS Neo ロボット」と「iFreeNEXT NASDAQ100」の設定日から、2019年3月末までとしています。まだ、この二つは設定から日が浅く、1年たっていないです。




比較結果について

4ファンドの基準価額の騰落率の推移は下図のとおりです。相場全体が、2018年後半は下落基調で、2019年初めから戻り基調となっていますので、相場全体の動きと似たような動きになっています。

しかし、各ファンドでは差がでています。
騰落率比較






















ふつーにS&P500が、成績よくないですか?NASDAQ100は、いい感じで戻ってきていますけれど。

2018年末にかけての下落については、「eMAXIS Neo ロボット」と「iFreeNEXT FANG+インデックス 」の下落っぷりがすごいですね。

ファンドの設定日に意気揚々と資金を突っ込んでたら、えらいことになってたでしょう。怖いですね。

「eMAXIS Neo ロボット」は、急降下、急上昇といった感じで、大変荒い動きをしています。相場が崩れると、すごい影響を受けそうです。崩れた時に、今後保有し続けていいか悩みそうですね。


まとめ

ロボットとかのテーマ型はやっぱり値動きが荒く、投資のタイミングが重要ですね。すごく興味をそそられちゃいますけど、投資初心者はやけどしやすく、近づかない方がよいですね。

S&P500はやっぱり王道感というか存在感を放っています。バフェットに推奨された指数だけのことはあります。

ちなみに、個人的には「iFreeNEXT NASDAQ100」は、サテライト的に組み込むと面白いファンドかなとは思います。